本文へスキップ
日々是好日

報恩寺についておたすけ観音

歴史

開山 朝岩存夙大和尚

「開山 朝岩存夙大和尚」

報恩寺は、慶長7年(1602)8月28日曹洞宗の寺院として開山されました。
御開山は朝岩存夙大和尚(ちょうがんそんしゅく)(1618卒)、開基は後藤右近(ごとううこん) 心宗永伝居士(しんしゅうようでんこじ)です。
 御開山の朝岩存夙大和尚は、本寺 藤沢市遠藤の宝泉寺の六世であり、当山二世悦堂存怡大和尚(えつどうそんい)(1648卒)は宝泉寺七世になります、報恩寺の開山は小田原北条氏の家臣であったとも伝えられ、当山の末寺 大和の宗昌寺、寺尾の常久院の開山である、当山三世林室宗茂大和尚(りんしつしゅうも)(1648卒)は、師匠とその師匠を勧請開山とし三世になられたと思われる


○○○○○○○○イメージ

「金毘羅堂」

 四世廓山怡舜大和尚(かくざんいしゅん)(1650卒)の代、慶安2年(1649)御朱印八石を賜り、境内坪数1万8千坪(現在八千四百坪)、本堂七軒×十一軒、総建坪二百五十坪であった。
 十三世雪子玄肇大和尚(せっしげんちょう)(1752卒)は金毘羅大権現(南側の御堂)を勧請されました。寺尾の金毘羅様は有名で小園には今も金毘羅道が残っています。


おたすけ観音

○○○○○○○○イメージ

「おたすけ観音縁起」

当山二十七世 太嶽洞源大和尚(たいがくとうげん)は、現役入隊で、台湾の正蕃征伐(せいばんせいばつ)に参加し、山奥の作戦中、早朝、一人で滝の前で座禅中、滝の中に観音様を排することができ「観音様がついていてくださるから、敵の弾に当たる事がない。」とかんじられた。激戦で戦友達が多く戦死する中で、無事に帰還出来たので、この有難い観音様を一人でも多くの方に拝んで頂こうと、観音石像を刻み境内に安置し、観音像を描いて、沢山の人に差し上げたので、「おたすけ観音」として、第二次大戦中は、県内を始め東京等から参拝の人達が続いた。


○○○○○○○○イメージ


「ほうおんじのいわれ」

八百年前 源頼朝が、旗揚げをしたとき、功績があった渋谷重国が、早川に住んでいたが、その子孫、渋谷重名が、この地に住んでいた頃、法音寺があり、約200年続いたものと考えられる。


バナースペース

曹洞宗 陽廣山 報恩寺

〒252-1134
神奈川県綾瀬市寺尾南2-10-1

TEL 0467-78-7160
FAX 0467-79-1567